あとりえキノコバ・カラー日記 banbankoba.exblog.jp

日々の生活で目にするモノの”色”や手作りしたこと、アートなこと、などなど。アトリエキノコバのゆるめのブログ。ぬり絵を使ったセラピーの参加者、随時募集中です。@愛知県豊田市


by banbankoban2002
プロフィールを見る
画像一覧

2009年 10月 28日 ( 1 )

c0035843_1194898.jpg
11月の『ぬり絵deセラピー』は、日頃、あんまり話したことのない「私」との会話になります。
先日、モニターMちゃんとセラピーしたのが、上の写真です。左が私で右がMちゃん(Mちゃんの許可を得て掲載しています)。
色彩学校の新作「光と影」というぬり絵です。自分の中にある文字通り、「光と影」を表現します。今回もやはり、同じテーマだけど、たかが二人のぬり絵でも、こんなに違った表現になるところが、このぬり絵の奥深いところ。
前回(20091015)の表現では、影の部分でとんがっていたアタシの髪の毛に、心配してくださった方もいらっしゃって、誠にすみませんでした。 そりゃ、一般的に見れば、ちょっと心配になっちゃうよねー。はははは(汗)。
今回は、髪の毛もとんがらず(苦笑)、どちらかというと、どんよりとした「影」でした。Mちゃんの指摘では「肌色がない。」と。そうなんです、なんだか、透けてる感じなんですよね。でも、光と影は手を繋いでいて、透明なんだけど、そこには温かいオーラみたいなモノを感じていて。 今回も花には色がなく、影のチューリップですら、白になっちゃいました。何かあるのかなぁ。
Mちゃんにとって「影」は、「ありたくない自分」。ということで、”あり得ない”ということを表現しています。Mちゃんはこんな青緑の洋服は着ないし、青いチューリップもないし、夜だけど、あり得ないような色の空色。でもその中の、月と星は、現実っぽい色なんだよね。 いろいろと話を重ねていくと、その奥にあるMちゃんなりの考えが存在するんです。

またしても、意図するモノは、人それぞれ。何が悪くて、何が良いのかなんて、そんな答えはありません。でも、理由になるような答え、はあるのです。

でも、自分を知ること、しかも「影」の部分のように、つい蓋をしてしまいたくなるような自分を改めて見つめるということは、とても大切なこと。 その心の声をしっかりと受け止めることができないと、、、爆発してしまったり、悲しくなってきてしまったり。。。 

みなさんだってそうなのでは? がんばってる時には、「がんばったねぇ~」とか認めてもらえると、それだけでもスッキリすることないですか? 「影」の心も同じかも。 そして、そんな自分を許せたら、楽になれそうな気がしませんか?

実際、アタシも、いろいろなぬり絵表現を重ねることにより、「影」な自分を知ることが増えました。いやな気持ちになることもあるけど、なんだか、人間味を増した自分を感じます。ちゃんと呼吸できているような。 「いい子」だけの自分は、ちょっと苦しくなる時もあるもんね。

認めることはまだまだでも、まずは知るところから。
11月はそんな、ぬり絵deセラピーができたら、と思います。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-10-28 11:18 | 「色彩学校」