あとりえキノコバ・カラー日記 banbankoba.exblog.jp

日々の生活で目にするモノの”色”や手作りしたこと、アートなこと、などなど。アトリエキノコバのゆるめのブログ。ぬり絵を使ったセラピーの参加者、随時募集中です。@愛知県豊田市


by banbankoban2002
プロフィールを見る
画像一覧

2009年 10月 04日 ( 2 )

c0035843_21444071.jpg
Patternshop snowwingさんの型紙で作るしじみきんちゃくを、haruちゃんのグラニーバッグのハギレで作りました。
haruちゃんにお願いしたお使いのお礼に、お渡ししました。
Blog世界でちと話題になっている(のか?)しじみきんちゃくですが、私も先日、型紙をゲットしました。で、これは実は3作目。前作2作は、大人の事情により、後ほどの公開といたします。お待ちを。
c0035843_2149769.jpg
この巾着袋、紐を絞ると、こんな風にしじみぽくなり、ころんとした形がかわいい!!! 世間の流行りにのって、作ってみたかったんだよなぁ~。もう少し前に、波に乗りたかったですぅ~(涙)。作ってみると、ダーツを寄せるのが、内布も含めて合計8箇所で面倒なんだけど、でも、結構、ノリノリで作れそうな品物でした。出来上がりもかわいいし。
haruちゃんに、かわいがってもらえるといいなぁ~♪ 洋ナシ、かわいいんだけど、紐を絞ると、ムンクっぽくなっちゃうんだよなァ~~~(爆笑)。それでも、かわいがってねっ!!!>haruちゃん♪
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-10-04 21:53 | ミシンや布いろいろ
今年は東京と名古屋でしか開催されない、「色彩学校」の秋の『末永蒼生先生特別講演会』に出かけました。
講演題目は、「人生の大事な答えは、あなたの心の中に ~無意識と対話する色彩セラピー~」でした。 「色彩学校」における、ぬり絵や自由画などを使った、セラピーの全体像や、末永メソッドの解説などでした。
特に印象に残った内容をいくつか、覚書のために書いておきます。

・心の問題解決は、心そのものの中にある。
 ゆっくり自分の心を見つめる時に、心を癒し、再生させるための道が見えてくる。

・人生の物語は、子供時代にシナリオが用意される。
 だからこそ、子ども時代のことを、紐解くことが、今の心を癒し、解放し、解決へつながる。

・心と能力は、ひとつ。
 心が解放されれば、能力も開花する。

・色彩は言葉だけでは伝わらない、情緒的、心理的な対話に役立つ。

「色彩学校」の夏のフォーラムに参加できず、ちょっと遠ざかっていました。でも、やはり、年に一度は末永先生のお顔を拝見し、色彩セラピーの位置づけを確認し、初心に戻ることが大事だと思い、講演会に参加しました。結果、正解。やはり、年に一度は、拝んでおかねば、末永先生を(笑)。あのα派のような声も、聞いておかねば(笑)。

c0035843_18101996.jpg
その後、学校説明会の後に、アート&セラピー色彩心理協会の協会員の集いがありました。「これからのわたし」というテーマで、新作ぬり絵の中から自由に選んでの表現でした。私が選んだのは「道」です。最近始めた「ぬり絵deセラピー」の毎月企画を、道に灯されたランプに例えました。これは、先日行った健康診断の時の、ウォーキング速度体感の時のランプ。順に点されるランプを追って歩くと、ウォーキングに適した速度で歩くことができます。
このぬり絵の表現を見て、末永先生からのアドバイスもいただきました。「楽しんでやること」と。確かにそれは、私も心に留めていること。苦しんでいては続かないし。
そして、このぬり絵を、ヨシが読み解きしたのは「人がいない」。確かに (」゜ロ゜)」 。ヨシの読み解きもサスガの域です(笑)。 つまり、私はまだ道の途中に居なくて、道を眺めているだけ。「これからのわたし」だからそうなのかもしれないけど、先を見ているだけなのです。まだ、一歩もでていないくらい。先はまだまだ長いですね(笑)。
集いでは、私たち1期と、2期、3期のメンバーで、活動報告や質疑応答などもあり、いろいろとみんなで共有できました。みんな思っていることは同じ。なかなか活動するにもできずに、しどろもどろな状態。でも、それも大事。簡単に進めることができないということは、人に簡単に説明することができないということは、簡単には終わらないことの証。という、末永先生のアドバイスも、心にしみました。
同期の天晴れな活動報告に、刺激を受けました。私も、私なりの一歩を、歩き出したくなりました♪
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-10-04 18:19 | 「色彩学校」