あとりえキノコバ・カラー日記 banbankoba.exblog.jp

日々の生活で目にするモノの”色”や手作りしたこと、アートなこと、などなど。アトリエキノコバのゆるめのブログ。ぬり絵を使ったセラピーの参加者、随時募集中です。@愛知県豊田市


by banbankoban2002
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ロンドンオリンピックは、紫色

c0035843_924389.jpg
終わりましたねぇ~、ロンドン・オリンピック2012。

TVに映し出される、緊張感から解放された選手のみなさんの笑顔が、なんて爽やかなんでしょう!!!
スポーツするの嫌いだけど(笑)、スポーツ選手って、いいなぁ~って思います。

今回のロンドンオリンピックには、『紫色』を随所で見ることがありました。
詳しくは、『貝紫色』なんですってね。
メダルやブーケのリボン、表彰台、関係者の衣装、いろいろな会場での装飾にも。
今までのオリンピックにはなかった色だと思います。
最初に見た時には、なんだか意外な色でした。

貝殻の中からほんのちょっぴりしか取れない色素から、作られる紫色。
その希少価値から、使うことができる人が限られ、よって、高貴なイメージが伴う。

東京スカイツリーのライトアップにも、紫色が、「雅」として使われています。
「美」や「優雅」、「高貴」などなど、そんなイメージを持つ方が多く、
ぬり絵deセラピーでも、そんなイメージをよく耳にします。

王室のロイヤルカラーでもある『ロイヤルパープル』が、
エリザベス女王の即位60周年とも重ねて使われたようですね。

選手たちの、一生懸命な姿は、どんな成績であろうと、その精神や肉体は美しく、
あの笑顔も、本当に美しい。
そして、とても高価なもの。

最初は、意外だった紫色も、選手たちを称えている色のように感じると、うなずけるものがありました。



でも、写真の通り、紫色と緑色は補色。
芝生との配色には、コントラストがきつく、眼がチラチラして疲れたんじゃないかなぁ・・・。
[PR]
by banbankoban2002 | 2012-08-14 09:20 | 色いろいろ