あとりえキノコバ・カラー日記 banbankoba.exblog.jp

日々の生活で目にするモノの”色”や手作りしたこと、アートなこと、などなど。アトリエキノコバのゆるめのブログ。ぬり絵を使ったセラピーの参加者、随時募集中です。@愛知県豊田市


by banbankoban2002
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2009年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

『魅惑のコラージュ展』

c0035843_2354767.jpg
今日は、カラー関係でお付き合いさせていただいている平野ようこさんとその生徒さん達の『魅惑のコラージュ展』へ出かけてきました。
会場は、カリモク本社ショールームです。カリモクの家具をじっくりみるのも初めてなので、ちょっとワクワクしながら出かけました。
c0035843_2382432.jpg
平野さんが先生をされている講座の生徒さん10名のみなさんの作品が並んでいます。単なる雑誌の切り抜きのコラージュにしては、本当にステキです。そして、それぞれの個性が溢れています。共通するのは躍動感。きっと、みなさんが努力しながらも楽しんでお勉強されているんだろうなぁ~と思いました。だからこそ、鑑賞しているこちらも、心躍るんだと思います。中には、”静”な作品もありますが、これまた、それはそれで、ステキなんですよねぇ~♪
二枚の付箋をいただき、投票します。選ばれた生徒さんには、カリモクさんからプレゼントがあるとか。参加された生徒さんも楽しめるなんて、楽しい展示会ですよね。
c0035843_2311986.jpg
先生である平野さんの作品は、5階に家具の展示の中に、あたかも前から掛けられていたかのように、自然に展示されています。カリモクの方と平野さんで相談されて展示されていました。本当にどれも家具とマッチしていてステキ☆
c0035843_23125758.jpg
ちょっと光の加減で、うまく写真が撮れなかったのですが、こちらの作品も家具とステキに組み合わされていました。
c0035843_23133649.jpg
この作品の手前にあるのは、グリーンのカーペットとグリーンの座面の椅子のダイニングセット。やはりさすが、作品のイメージやカラーが見事にマッチ☆
他に、是非見たかった作品があったのですが、残念ながら、まだ壁に掛けられていなくて。あの作品が壁に掛けられ、家具との組み合わせを、じっくり堪能したかったです。照明の辺り具合も、すごく興味があったのになぁ~。残念!!!

平野さんとお会いするのは久々で、今の私にはとても意味あるお話しを聞けて、二倍楽しめちゃいました。今日の手帳には、大きく、その三つのポイントを書いておこうと思ってます(笑)。我が家からは往復二時間のドライブでしたが、出かけた甲斐がありました。もちろん、カリモクさんの家具もステキだったし。(その値段には、やっぱり目が飛び出ちゃったけど・・・笑)

『魅惑のコラージュ展』は、以下の通り、是非、お出かけくださいませ。
   日時:9月3日(木)まで  
        AM10:00~PM5:30まで(水曜日定休)
   場所:カリモク本社ショウルーム(1階)
        愛知県知多郡東浦町藤江皆栄町108
        TEL0562-83-1111(代)     ■HP
   アクセス:会場への交通は車の方が便利です。
          知多中央道の東浦、もしくは阿久比インターより15分。
          JR東浦駅より徒歩25分、車で5分。

平野ようこさんBlog→
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-27 23:27 | 色いろいろ
c0035843_118997.jpg
さて、なーんだ。
ヒントはここんところ、ヨシが大事に育てているモノです(笑)。

c0035843_119825.jpg
そう、熟して破裂したゴーヤーの種です。 コメント欄でnaoちゃんも書いていてくれてるけど、この赤い部分は、甘いです。果物みたい。赤いモノを洗い流すと、よく見る種が入っています。産着のようにくるまれているイメージです。

先日、ご近所の奥様が、我が家の緑のカーテンを褒めてくださった時に、一緒に話してくれていたのは、
「アタシが小さい頃は、レイシっていう似た植物の、緑の時じゃなくて、黄色く熟した方を食べたの。その中の赤い種を口の中にいっぱい入れて、口の中真っ赤にして(笑)。種だけ出すの。」と。
このレイシは、”ツルレイシ”で、つまりゴーヤーのこと。(茘枝はライチで、霊芝はキノコ)   立派なスイーツってことね(笑)。

黄色い実は、やわらかくて、苦みも少ない気がします。でも、チャンプルーとか炒めると、すぐに崩れてしまうので、要注意。テレビでは、ジャムにしてましたね。やってみようかなぁ~。
この黄色に熟してしまう頃合いは、アタシ達にはなかなか見極められない。細くて太くなるのを待っていたら、細いまま黄色くなったり、色が薄いからもう少し陽に当てようと思ってたら黄色になっちゃったり。 
ということで、結構たくさんの黄色い実がはぜています。

昨日のとおり、だんだんとカーテンがまだレース状態になってきたので、ヨシは『次世代!』と言って、この種から苗を作ってます。これが、結構な確率で発芽しちゃってて、苗も10本くらいできてる。ぉぃぉぃ、どーする?ってくらい(笑)。 これから気温が下がるから、すぐにダメになっちゃうかな、と思いつつ、根元に追加で植えてます。
今年のペースからすると、4ヶ月後には、枯れかけてくる。8月末に植えて4ヶ月後は、、、クリスマス。今年はゴーヤーにオーナメント飾る?って、んな訳ないっ!!!!!!!(爆笑)。 種を大事に確保して、来年は、苗作りを母ママゴンに任せず、自分たちでやってみようと思います。だって、撒けば出るもんね(笑)。
ゴーヤーの苗がご入り用の方、ご予約承りますよ(笑)。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-26 11:36 | 色いろいろ
c0035843_17521190.jpg
朝夕が涼しくなり、風鈴の音が風に揺れてうるさくなりはじめました。とうとう、我が家の緑のカーテン2009も、そろそろ終盤にさしかかりました。写真は、植えて4ヶ月目くらいになるかな。
c0035843_17571755.jpg
この二枚目の写真は植えて三ヶ月目くらい(20090731)。そこから、8月上旬までが一番生い茂っていた気がします。比べてみると、その違いは写真ではビミョーかもしれないけど、実際は歴然。こんもり度が違います。
c0035843_17593338.jpg
こんな感じで、葉の色も、濃い緑から、黄緑、黄色、茶へと変化していくのが分かります。この紅葉もまた、視覚的に秋の近づきを教えてくれています。
c0035843_1802385.jpg
少し肌寒い朝、家の中に差し込む光が増えてくるのは、ちょっと嬉しい。でも、昼間はまだまだ暑いので、もう少し、もう少しがんばって欲しいんだけどなぁ~。

今のところ、収穫したゴーヤーは、279本
何本も熟して黄色くなっているので、300本は実っていると思います。
ついつい、野菜売り場では、ゴーヤーの値段を見ては、計算し、ほくそえんでいます(笑)。やぁ~ねぇ~(* ̄m ̄) ププッ。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-25 18:04 | 色いろいろ
c0035843_2339503.jpg
庭のプランターで、コスモスが咲きました。なんだか、ぐぐっと秋を感じました。ピンクのグラデーションで植えている予定。満開になるのが楽しみです。
夏の暑さは、お盆を過ぎると落ち着くってよく言うけど、本当でビックリ。遅くまで暑いかと思っていたけど。結果、今年の夏は本当に短かった。数日だよね。ほんとうに。
家の中の電気をつける時間でも、日が短くなってきたことが分かります。自然ってすごいなーって感じた一日でした。
みなさんは、小さい秋、見つけた???
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-24 23:42 | 色いろいろ

長崎旅行⑥(平戸観光)

c0035843_10495894.jpg
さて、三日目は、平戸観光です。天気はあいにくの曇り。せっかくのドライブなのになぁ~。写真は、長崎と平戸島を結ぶ平戸大橋。絶景のはずなんだけど、曇り、曇り、曇り。
c0035843_10521895.jpg
まずは、「絶対に行きたい!!!」と懇願していた松浦資料博物館へ。貿易は盛んだった時代の平戸や、松浦家の歴史を物語る史料や遺品などが所蔵されています(ガイドブック参照)。 ・・・。 ははは、そう、アタシをご存知の方であれば「え? そんな趣味あったっけ?」と思われたはず。はははは。そうそう、目的はこちら↓。
c0035843_10561587.jpg
ここには、『鎮信流茶室閑雲亭』があります。鎮信流では、まず、茶碗を手にとり、回さずにそのまま一口いただく。次にお菓子をいただいてから、残りのお茶をいただく。 そう、分かります? その、お菓子が目当て♪
c0035843_10585944.jpg
『烏羽玉』です。江戸時代のレシピを下に復元されたお菓子です。餡に胡麻を練りこみ、和三盆をまぶしてあります。これ、持ち帰り不可とのことだったので、食べたくて、食べたくてね。なんだか、繊細で上品な甘さがありそうで。食して納得。これは是非とも食べていただきたいですっ!!!!! 本当に美味しくて、母ママゴンに食べさせてあげたくて、ハイジの気持ちになりましたよ(涙)。  でね、博物館のお土産ショップに寄ったら、売ってるぢゃないのっ!!!!!!!! ぉぃぉぃ、ガイドブックさんよ、どういう誤報をっ!!! でも、ショップの方に聞いたら、賞味期限と旅行日程がギリギリだったので、敢え無く断念。でも、是非ともお召し上がりいただきたいお菓子でした。
c0035843_1142785.jpg
ドライブを進めると天気もよくなってきて、生月(いきつき)大橋を渡って、生月島へ。いい天気! で、ここは?
c0035843_1152579.jpg
ここは、橋で結ばれた最西端の地。お昼時になったけど、食事できる場所が見つからず、沈黙になる2人(笑)。でもま、なんとかお寿司を食しました。
c0035843_118443.jpg
海沿いの道をドライブし、ここではアタシが運転しました。とっても気持ちいいドライブでした。目的地は、大バエ灯台。名前がどうかと思うけど(笑)、本当に素敵な景色が目の前に広がります。
c0035843_11104580.jpg
地球は、WaterPlanet と言われるけれど、本当にそうだと思いました。水面がキラキラしていて、ゆらゆら揺れていて、本当に大好きな景色。気持ちもよくなるし、なんだか、すーっとしてくる気持ち。ふと、「コバン、元気かな。」と思ってみたりしてね。
c0035843_1113970.jpg
平戸に戻り、聖フランシスコザビエル記念教会へ。こう言ってはいけないのかもしれないけれど、とてもキュートな装飾の教会でした。
c0035843_11141845.jpg
そして、これは珍しい寺院と教会の見える風景、だそうです。信仰心の塊の地。
c0035843_1116495.jpg
この日は、偶然にも平戸の花火大会の日でした。そして、偶然にも、お宿では、花火の見える部屋。お風呂も食事も花火大会に合わせて時間を決める(笑)。海上に台船(だいせん)を浮かべ、そこから花火を打ち上げる。目の前で大きな花火があがり、ズドンという空気が伝わってくる。ゆっくりと座りながらの花火観賞は、久々。
c0035843_11194295.jpg
でも、空が曇っていて、大きくて高い位置の花火は全く見えず。ガッカリ。写真はきれい撮れたけど、小さい花火ばかりなのです。
花火が次第に大きくなると、だんだんと雲の中に入っていって見えなくなる。まったく見えなくなることも(笑)。残念!!! 2009年は、日蘭通商400年の記念の年なので、花火大会も大規模だったのに。もったいないぃ~~~。

で、四日目は、長崎から福岡へ移動。その途中、有田で、ショッピング。これも今回の目玉の一つ(笑)。

[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-23 11:22 | TRYいろいろ
c0035843_105656.jpg
前にもアップしましたが、二日目お昼には、長崎名物のちゃんぽんを食べました。実はちゃんぽんが苦手。でも、アタシの傾向として、名物はその場で食べると美味しい!と感じた経験から、チャンレンジ!! 四海楼のちゃんぽんに決めたのは、元祖、らしいから。 食べてみると、「おいしぃ~♪」でした (ノ*゜▽゜*)  でも、食べても食べても、食べても食べても減りません。WHY~~~?!?!? てことで、ヨシにもお手伝いしてもらいました。
量的な問題だけで、美味しかったです。魚介類系の味が奥深くてね。 前日見たときには並んでいたんだけど、開店前に一か八かで入ってみたら、10分前だけど席に着け、注文もできました。あれ?「準備中」ってかかってたのに。何でもやってみるもんだね。開店時間15分くらいしたら満席になってました。
c0035843_1012968.jpg
お腹いっぱいになり、涼んで汗も引いて、さるく再開!! やっぱり抑えなきゃね、グラバー園。こんな日よけや縁がステキだなぁ~とヨシと話しました。我が家の日よけ縁台は、今、芝生に光が当たらなくて、いまいちで。日陰になってるからいいんだけど。和風と洋風のマッチがとてもステキでした。凛とした感じもあって。いろいろな催しもあり。
c0035843_10191690.jpg
縁の下の通気口も十字架っぽくなっているのが、長崎っぽい気がしました。こういう、ちょっとした細工がにくいよねぇ~。
c0035843_10203735.jpg
丘の上にあるグラバー園からみえる長崎港を含める景色もステキでした。こんな海の見える高台に住むのも気持ち言いよねぇ~。
c0035843_102117.jpg
グラバー園には、二つのハート型の敷石があるのは有名な話。二つ見つけて触ると、願い事が叶うとかね。みんなが探しているのですぐに見つかりました。宝探しみたいで楽しかったです。
c0035843_10224440.jpg
で、こちら大浦天主堂。日本最古の木造教会。やっぱり教会って厳かな空気が素敵な場所ですよね。ステンドグラスもキレェ~~~(ハート)。
c0035843_10262431.jpg
長崎市街地での『龍馬をたずねてさるく』は、終わり、涼みに長崎名物ミルクセーキを食べに。有名な別のお店ではなく、観光もかねてこちらの、長崎出島ワーフにある、西洋亭で。カキ氷みたいな長崎のミルクセーキは、テレビでもやっていたし、有名だと思うから、どこの喫茶店でもカフェでもメニューにあると思ってました。ガイドブックにも載っていたしね。でも、そうじゃないことに驚き。検索したところ、西洋亭と別のもう一軒しか見つからなくて。街中のどのお店でも店外に掲げられているメニューには載っていませんでした。意外、意外。 で、このミルクセーキ、美味しいぃぃぃぃぃぃ~~~♪ これ、絶対に、スタ○とかでもいけると思うんだけどなぁ~。食感もいい感じでした。
c0035843_1031423.jpg
涼んだ後は、暑い場所へ、というのが恒例になりつつありましたね。てことで、平和公園へ。式典の準備がされ、この噴水、平和の泉でも、点検がされていました。原爆投下後、お水を飲むことができず、喉が渇いて、喉が渇いてしかたなく、黒くなったお水を飲んだというお話から作られた噴水。たくさんたくさん、お水を飲んでいただきたいです。
c0035843_1033927.jpg
平和のシンボル像。やはり、この場所にくると、なんだか胸がきゅんとします。戦争目的で落とされた原爆は、日本にだけ二つも。他にはないんでしょ。それが日本であったということに、意味があるんだと思うのです。命を落とされた方の運命を引き継ぎ、この意味は、世界中に広めていかなくてはね。
c0035843_10353548.jpg
夜は佐世保へ。西海国立公園、弓張の丘で宿を取りました。これは、弓張展望所からの夜景。やっぱり、港の夜景って、キレイだよねぇ~。でもって、稲佐山とは違い、こちらは、全く人が居ない。いるのは、猫さんたちだけでした(笑)。子猫もたくさんいて、思わず、連れて帰りそうになっちゃったよ。ふふふ。

で、二日目は終わり。翌日は、平戸ドライブ。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-21 10:43 | TRYいろいろ
c0035843_22482757.jpg
長崎旅行二日目は、題して『坂本龍馬を訪ねてのさるく』がメインでした。 ”さるく”とは、長崎の言葉で「まちをぶらぶら歩く」という意味だそうです。何人ものガイドさんがいて、軍艦島のガイドさんも”さるくガイド”さんでした。
さて、6月に高知へ出かけた時も坂本龍馬で盛り上がっていました。来年のNHKの大河ドラマは、『龍馬伝』ですもんね。坂本龍馬は、高知生まれ。 でも、長崎でも盛り上がっています。龍馬は長崎で『亀山社中』という日本発の商社を設立していますもんね。来年のNHKでは、この長崎でのお話がメインだったような。ということで、今回も『龍馬を訪ねてのさるく』にしたんです。
しかし、抑えるところは抑えましょ。てことで、写真は、眼鏡橋。思ったよりも小さくで驚きました。こんな住宅街みたいなところに、かの有名な眼鏡橋?!?! と。
c0035843_22574180.jpg
目指すは、その『亀山社中』跡でこの8月にオープンしたばかりの『亀山社中記念館』と、龍馬像のある風頭山公園でした。
c0035843_2304126.jpg
長崎は、この前も書いたけど、斜面都市。そして、小さな小道が続く。だから、車で乗り付けることもできないし、京都みたいに自転車でまわるわけにも行かない。「宅配便のお兄さんは、しんどいだろうねぇ~」と思いながら、真夏の暑い日ざしの下、とにかく歩き続けた日でした。
c0035843_2311164.jpg
さるく道すがら、こんなレリーフが案内してくれます。
c0035843_2314546.jpg
こんな手書きが、疲れた心をほっと和ませてくれます(笑)。
c0035843_2323368.jpg
やっと辿り着いた『亀山社中』跡では、ちょっとヨシからなんだか偶然とも思えない話を聞いてみたり、館内のガイドさんにいろいろと説明受けたり。
c0035843_2335953.jpg
複製だけど、龍馬のブーツもありました。意外に今でも履けそうで驚き。
c0035843_2343917.jpg
人気の『龍馬のブーツ』。空いていたので、少し待ったけど、ゆっくりと写真撮ったりできました。眺めてたのかなぁ~、龍馬もここから、なんてお思いながら。
c0035843_2363234.jpg
で、風頭山にある龍馬像に辿り着きました。長崎港を含め、すばらしいパノラマが広がります。 ソフトバンクの孫さんは、龍馬のことが好きで、この赤と白の旗を、あのモチーフに使ったのだとか。旗の軸に竹が使われているところが、なんだか当時っぽくて、ワクワクしました。ええ、妄想ですが(笑)。
c0035843_2393932.jpg
龍馬さんには、今の日本は、どんな風に見えてるんでしょう? いかがですか?龍馬さん。 あなたなら、今回の選挙、どうみますか???なんて尋ねたりしてね。
c0035843_23102710.jpg
オマケは長崎の猫。気づくとそこに猫っ!!!!!!!!!! ということが良くありました。こういうのって、いいなぁ~。猫がのんびりしているのって、本当に平和に見えます。こういう場所に住みたい。でも、坂道はしんどかな。

お昼にちゃんぽん食べて、午後はグラバー園へ。その後、平和公園。長くなったので、またノチホドォ~。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-20 23:11 | TRYいろいろ

自然酵母のパン

c0035843_23183777.jpg
アタシ、とうとう、とうとう、自然酵母のパン作りに、手を出してしまいました。あぁあぁ。 写真は、先日作った、食パンです。なかなか、見た目かわゆく、焼きあがりました。
キッカケは、ご近所の奥様。どうやら、某有名パン屋さん(ナイショ)のパン教室に通っており、そこで手に入れた自然酵母があまり出し、「あなた、パン焼くでしょ、使って」と持ってきてくださいました。 アタシは、ドライイーストしか使ったことないし、めんどくさそー、と思ったので、最初は拒否していたんだけど、「こうやって言ってもらえるウチが華よ。」と思い直して、いただきました。 自然酵母のパンは、一次発酵に、今の気温ならば10~14時間程度必要。てことで、奥様からアドバイスをいろいろいただき、レシピまでいただいて、チャレンジすることにしたのです。
一度目は、失敗。と言っても、食べれない訳じゃなかったけど。
それを踏まえて二度目が、写真の通り。右奥に見えるのが、いただいた自然酵母です。どうやら、原料は柿っぽい気がするけど、違うかなぁ。季節的に違うのか? 無知なだけに、妄想が膨らむ(笑)。
型が違うので、膨らみ方が微妙に違う。同じ容積だけど、手前は縦長、奥は横長。どうやら、縦長の方が、ステキに膨らむのは、使った粉が、キング粉(縦に膨らむ強力粉で、食パンに使う)だからかなぁ。 見た目がステキだったので、これは母・ママゴンに進呈。私たちは奥の膨らみイマイチのパンに。ママゴンは「あのパン屋のパンより、美味しいよ」と言ってました。上等な粉使ったからね。(* ̄m ̄) ププッ
奥様がおっしゃる通り、もっちもちのパン。酵母の香りもあって、本当にスローフードだな、という味。トースターで焼くと、外はフランスパンみたいにパリパリしてて、中はもっちもち。これは、ハマりそう。
奥様ぁ~、またください、酵母ぉ~~~~~~~~~。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-19 23:33 | TRYいろいろ

haruちゃんへのグラニー

c0035843_111324.jpg
少し前のことになりますが、haruちゃんにグラニーを作ってプレゼントしました。いや、違う。材料代をいただき、手間賃としてランチをおごっていただきました。ランチ、楽しかったなぁ~♪
haruちゃんは、色彩学校での同期。学校が終わっても、セッション実習やイベント、講座などでお世話になり、パン教室も一緒に通う仲。とても気持ちよくお付き合いいただける素敵なお姉様です。うふ。
haruちゃんは、パーソナルカラーがsummer???と思っていたのと、彼女の服装やイメージから、いくつか布地を選び、布地屋さんから写メで「どれにする?」とお伺いを立てて、の制作でした(笑)。でも、これまた、アタシってば、エンジンの掛かりが悪いのと、リフォームとが重なり、かなりharuちゃんにはお待たせしてしまって。
で、やっとこできあがったのがこちらの、グラニー(大)。ちょっと北欧っぽいイメージです。小さくて分かりにくいけど、青くて丸いツボミ?の先には、四角くてみず色のちょっと変形ビーズを付けました。なんとなく、変化が欲しくて。気に入っていただけたらしく、その後も、数回、持っていてくれるのを見ます。それが、嬉しい瞬間なんだよねー。雨の日には「雨に濡れちゃぁ~、ダメでしょ」と言って、別のバッグを持ってきてくれたし(笑)。 Y姉さんにもグラニーを誕生日にあげたんだけど、3人で出かけたときには、Y姉さんとharuちゃんが”バンバン・グラニー”で、アタシはフツーの鞄。やられたーと思ったね(笑)。
c0035843_1182772.jpg
これは、大層遅れたお詫びにプレゼントした、グラニー(小)。虹の所に、☆型のスパンコールを付けました。「かぁいぃ~(はーと)」と、そのアイディアに自画自賛したんだけど、よく考えたら、☆と虹って共存しないよねぇ??? 変な発想。あはは。お買い物に出かけるとき、ショッピングバッグの中に、お財布や携帯とか入れて、持っていってくれているみたいです。そうやって聞くと、嬉しいんだよねぇ~。

さて、頼まれてたり、私がプレゼントしたいグラニー、私自身に作りたいグラニーと、課題は山積み(笑)。まるで夏休みの宿題のようです。あはは。しかも、母親から「これ、グラニーに使えそうだよ」と着物の布地をもらえそうです。素敵なグラニーになりそう♪ ちょっと、楽しみ、山積みです。うふふ。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-18 11:14 | ミシンや布いろいろ
c0035843_211873.jpg
長崎に旅行に行くと決まり、軍艦島が長崎だったと知った時から、「絶対に行く」と決めていました。やっぱり、話題スポットには行かねば。
結構予約いっぱいで、午前中は取れず、この暑い時期に午後からの便となりました。
写真のカードを首から提げます。色でグループ分けされ、3つの見学広場に分かれて見学します。
軍艦島は、正式名称、端島(はししま)。1810年頃に石炭が発見され、1890年に三菱合資会社の経営となり、1916年には日本初の鉄筋コンクリート造の構想集合住宅が建設されました。最盛期には約5300人の人々が住み、当時の東京都の9倍もの人口密度まで達していたそうです。1974年1月に閉山。同4月に無人島となりました(配布パンフレット参照)。
c0035843_2133465.jpg
ドルフィン桟橋というこの桟橋から上陸します。見学コースは整備されていて、真新しいコンクリートがなんだか違和感ありました。でも、しっかりしてそうに見えて、安心。
c0035843_2162664.jpg
第1見学広場からの景色。下奥に見えるのは、端島小中学校と体育館。右下に並ぶ四角は、貯炭ベルトコンベアーの跡。そんな、石炭関係の施設と、居住関係の施設が贅沢に作られています。この島になかったのは、火葬場だけとか。小中学校、病院、警察派出所、映画館、商店、プール、神社やお寺もありました。
c0035843_2116571.jpg
このレンガ造りは、総合事務所。黄色の服を着たガイドさんが写真なども用いて説明してくれます。この方は実際、この軍艦島に住まわれていたそうです。
c0035843_21172764.jpg
軍艦島は、護岸堤防の拡張を6回繰り返して、3倍ほどの大きさになりました。特徴的なのは、この天川(あまかわ)と呼ばれる接着剤。海草が使われています。
c0035843_21193780.jpg
これはプール。海の水を組み入れて使っていたそうです。だから、魚も一緒に泳いでいたらしいよ(ほんとかなぁ?)。魚と泳げるプールって楽しそうだけどね(笑)。
c0035843_21203439.jpg
正面に見えるのが、30号棟アパート。上から3段目に見えるのは、崩れ落ちたその上の階の床。4月の時点では崩れていなかったそうです。こうやって、崩壊がどんどん進むこの島。ガイドさんは、「是非、今日の写真を持って、3、4年後くらいにまたお越しください。」と話してました。
鉄筋コンクリートの強度が分からず、これでもかこれでもか、と鉄筋を入れたそうです。テキトーに抜いちゃおうとする今とは大違い。本当に贅沢な生活ぶりでした。
とにかく豊かな暮らしぶりだったそうだけど、水には苦労したようです。家にお風呂があるのは幹部だけ。他の人は銭湯。でも、洗うのは海水。最後に出る時に浴びるのだけ、真水だったとか。最終的には海底をパイプが走り、水道もひけたんだけど、大事に大事に使っていたようです。
一番上に見える真新しい白い灯台は、軍艦島が無人島になってからできた灯台。これは2代目。無人島になるまでは、24時間稼動で動いていた島なので、常に明かりがつき、灯台は必要なかったそうです。なんだ切ない灯台な気がします。
c0035843_21243439.jpg
島を小一時間見学した後は、船でぐるりと奥へ回ります。すると、言われるゆえんの外観が見えてきます。この島は、『軍艦土佐』にその外観が似ていることから、『軍艦島』と呼ばれていたそうです。本当に、軍艦に見えるよねぇ~。
そうそう、ガイドさんが「軍艦島の方たちは、お寿司が、かなり好きだったそうです。そして、一番好きなのは、軍艦巻き。ははは。」と・・・・┐( ̄ー ̄)┌ 
c0035843_21274086.jpg
これは、病院。隔離病棟もありました。炭鉱夫の仕事は厳しく、大きなケガをすることもありました。船で出るには時間がかかるので、大きなケガや病気でも、島の中で治療できるように、大きな病院になっていました。

ちょっと、たくさんの写真でしたがこれでも、だいぶ減らしました。それくらい、印象的な見学でした。映画のセットみたいに、朽ち果てた、かつてはかなり豊かだったこの島。いつか、日本も、地球もこうなってしまうんじゃないかと思うくらい。ちょっと切ない見学でした。

予約は、
  やまさ海運株式会社(電話:095-822-5002)
   上陸コースは、午前と午後それぞれ1便ずつ。3時間ずつ。4,000円。
機会があったら、是非お出かけくださいませ。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-08-17 21:35 | TRYいろいろ