あとりえキノコバ・カラー日記 banbankoba.exblog.jp

日々の生活で目にするモノの”色”や手作りしたこと、アートなこと、などなど。アトリエキノコバのゆるめのブログ。ぬり絵を使ったセラピーの参加者、随時募集中です。@愛知県豊田市


by banbankoban2002
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2009年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

c0035843_12571024.jpg
植えてから3カ月になります。今はこんな感じ。すっかり分厚いカーテンになって、外の景色は全く見えません。かろうじて葉の隙間から、文字通り”木漏れ日”と言った具合の陽が入ります。だから、カーテンも閉めずに、解放感たっぷりで生活しています。まあ、ムシが寄って来るので、網戸と蚊取り線香は、欠かせないけどね(笑)。
家の中は、ひんやり。もちろん、リフォームして壁の建材が変わっているので、完全なる比較はできないんだけど、一昨年に緑のカーテンした時も、「去年より凉い!」と感じたので、その効果はあるはず。
見た目も、かなり涼しげです。このブログを書いている今も、ほんの1mくらい先に、その緑の分厚いカーテンはあって、本当に心和むカーテンです。
ちなみに、収穫し始めた日(20090629)から、1ヵ月。本日27本収穫して、合計が157本となりました。この後、いつまでどれくらい収穫できるんでしょ。カレンダーに記録するのが、楽しい半分、ちょっと怖い半分(笑)。ご近所にもらっていただいたり、友達にわけたり、それぞれの職場に持っていったり。ヨシは、すでに『金曜日のゴーヤおじさん』に、なりつつあります(笑)。みなさま、是非、ご協力くださいませ。ふふふ♪
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-31 13:10 | 色いろいろ
c0035843_1659199.jpg
今日は、久々の晴れ。なんだかこの太陽が嬉しいだなんて、どーかしちゃってるよ。と飽きれているんだけど、庭のヒマワリが咲きました。やっぱりヒマワリには青空と太陽光が似合う。
c0035843_1721325.jpg
ヒマワリが「そろそろ暑中お見舞いを言ってもいいかしら?」と語っているようで(笑)。今年は、海の賑わいも少ないらしく、暑中お見舞いの葉書も、なんだか出し損ねちゃってるし。我が家のエアコンの稼働率も、”エコ”ざんす(笑)。
c0035843_1733350.jpg
すでに、開花第一号のヒマワリは、頭が重いらしく、頭を垂れてます。なんだか、こちらは暑くてしんどそう(笑)。
このまま、梅雨明けないかなぁ~。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-30 17:05 | 色いろいろ
c0035843_12523680.jpg
もうね、実家から、茄子、キュウリ、トマト、プチ・トマトの攻撃の嵐なんですよ。本当に、尋常じゃないんだから。大人二人の食生活で、どんだけ食べられるんだよっ!!!! 考えたら分かるだろーーーーーーーーがっ!!! と言いたくなるくらいです。(注:決して言ってはいけません。言っちゃうけど。あは♪)
で、どうにか大量に消費せねば!という気持ちが湧いておりまして、で、昨日のように、消費活動(20090728)に至る訳です。 もうね、苦しいくらい(苦笑)。
そこで、ふらりとネットを散歩していたときに、見つけたのが、『プチ・トマトのドライトマトを作る』と言うこと。これは、大量に消費できる!!! と、いさんで作りましたよ。 あ、ちなみに、トマトソースは、母ママゴンが大量生産しております。 で、写真はその、ずらりと並べたプチ・トマトの切ったもの。これが、スタート。 なんだかさぁ~、見ているだけで、かわいくないかいっ???
c0035843_1302949.jpg
メンドーな行程を繰り返し、愛情も湧いてきて、完成したのがコチラです。それっぽいよねぇ~~~~!!! なんだか感激。我が家にない食材だもの。

 あ、バレた。

そう、なんだか、オシャレだからさぁ~、作ってはみたものの、使ったことがない食材でした。どーすんだ、アタシ? でも、多分、パスタとか、プチパンとかに使えばいいんでないだろうか? チーズと一緒にヨシに食べさせるとか。あは♪ 
味見したらね、これはドライ・フルーツです(キッパリ断言、笑)。 実家の畑の野菜はどれもコレも甘み十分。だから、こうやって、水分飛ばしたら、トマトもフルーツみたいでした。驚きの甘さ。
そうなのよ、だからね、実家のトマト&タマネギで作ったミートソースは、アタシ的には、甘すぎて、甘すぎて、苦手です。子どもでも嫌がりそうなくらい甘いよ。甘いミートソースキライだもの。ま、ゼータクな話なんだけどね。

c0035843_1344096.jpg
で、最終的なできあがりはこんな感じに、オリーブオイルにつけ込みます。なんだか、オシャレ度UPじゃない??? ステキ奥様のキッチンみたいよぉ~~~。うふふ♪
形から入るタイプなので、実家からのプチ・トマトは、こうやってドライ・トマトにしようと思います。

で、みんなは、どうやってドライ・トマトを食べてるの?
ネットでも散歩してみよぉ~っと♪
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-29 13:07 | TRYいろいろ

【カラフル】カレーな夜

c0035843_12555680.jpg
少し前の夜なんだけど、我が家にある夏野菜を使わねば!という使命感と「久々にカレー食べたい」という衝動にかられて、こんな夕飯になりました。
・挽肉、茄子、タマネギ、ピーマンのキーマカレー
・空芯菜の青菜炒め
・プチトマトのマリネ
我が家のカレーは、ご飯をターメリックライスにします。キーマカレーの時は、レーズンをたまぁ~に入れたり。基本的に、料理に入っている果物は、苦手なんだけど、これはかろうじてOK。 ということで、見頃にカラフルな食卓となりました。 『食の五色』というお話を聞いたことがあります。赤、緑、黄色、黒、白。この夜は、黒にレーズン、白は青菜炒めのニンニク、とするならば、完璧!!! ヨシと一緒に、そのカラフルさに驚いた夜でした。
この、プチトマトのマリネは、我が家のこの夏の大流行。何度も作っています。実家から届く大量のプチトマトも、これで簡単に消費しています(笑)。
と、書いたけど、実は夕べもカレー(笑)。夕べのカレーは、伊賀肉。昼間にテレビで見た様に、クミンシードとローレルの葉を、油で炒め、香りを移し、他のスパイスも、同じように使って。トマトも入れました。カレーに入れるトマトって、いいよねぇ~。夏な感じで。

おっと、話はそれました。

和食のように、茶色とか、薄い色で食材の色も薄く、、、、という優しい色合いの食卓もいいんだけど、こういう原色でババーンと目に飛び込む色彩のある食卓っていうのも、明るくなって、話も盛り上がる気がします。夏野菜には、色の濃いものが多いし、キレイだからね、楽しみたいよね。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-28 13:07 | 色いろいろ
c0035843_20531820.jpg
夕べは悪天候の中、豊田おいでんまつりの花火大会でした。 例のごとく、我が家の庭からの鑑賞。母ママゴン、父レオさんとBBQをするつもりだったけど、彼らの体調がいまいちだったようで、BBQは断念。雨も降ってきたので、今年もヨシと2人での花火観賞でした。
今年は、とってもカラフルでした。写真の様に、一つの花の中に何色ものスジが入っているものも多く。本当にキレイでしたよ。
c0035843_20555469.jpg
かと思えば、こんなに明るくキレイな一色のものも。これは本当にキレイでした。本当の菊の花みたい。
c0035843_20565177.jpg
こういう、よく花火の絵にありそうな花火もキレイ。
c0035843_20574386.jpg
タイミングが難しくて、何輪も同時に開花しているのを写真に収めるのには、簡単デジカメには、一苦労(笑)。でも、ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たる(笑)。
c0035843_2059296.jpg
ラストはこんな小菊が満開な花火でした。多分『彩色大花壇』というのは、コレだと思う。本当にキレイな花壇のようでした。デイジーみたいな花が満開っ!!! 煙が流れずにただよっているのが、本当に本当に悔やまれるっ。あぁあぁ。
c0035843_212220.jpg
最後に、コレは、我が家の緑のカーテン、ゴーヤの葉の間から撮った花火。ゴーヤの葉が分かりやすいようにちょっと明るくしたけど、こんな感じでゴーヤ越しに花火も見れました。 つまり、ゴーヤがなければ、家の中でエアコン効かせて花火を見ることも可能(笑)。でも、それじゃぁ~、風情がないねぇ。やっぱり、蛙の鳴き声も合間に聞きつつ、蚊取り線香の煙の匂い、うちわの風、そんなものを感じながらの花火観賞がいいよね、やっぱり。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-27 21:04 | 色いろいろ
c0035843_1030421.jpg
昨日は、母ママゴンと一緒に、御園座の『石川さゆり特別公演』へ行ってきました。 ママゴンの希望により、前から4列目の特別席での観覧となりました。近すぎて、首が痛くなりそう(笑)。
第一幕は、『長崎ぶらぶら節』という、なかにし礼原作の、直木賞受賞の感動作。丸山芸者の愛八(あいはち)さんは、オンナの私でも、後を付いていきたくなるような、気持ちのいい芸者さん。古賀先生との叶わぬ恋や、歌と三味線に身をささげ、後輩芸子を親身になって助けるその様は、本当に美しい女性でした。これが、実在のお話というから、また感動。
幕間は、1回だけの35分。
第二幕は、歌のオンステージ。最初は、 『津軽海峡・冬景色』 。アタシは演歌はほとんど聴かないけれど、知らない歌ではなく、むしろ、出だしやサビは、口ずさめるよね。それを前から4列目で見るのは、感動ものでした。思わず「紅白歌合戦、見たいなぁ~」と思いましたよ(笑)。 他に分かる曲は、『ウイスキーはお好きでしょ』と最後の『天城越え』。特に、『天城越え』は、心の中で大熱唱でした。 途中、今回の御園座公演のために企画された歌もあり、とても楽しめました。
17時の開演で、幕間は1度だけの35分。終わったのは、21時。なんとも、3時間30分くらいの公演でした。すごいよねぇ~。さすがですね。
三味線も、旨さとかは、私は素人なので分からないけれど、ご自身で弾かれていたのは確か。いろいろと努力なさってるんだろうなぁ~と実感。キレイだったし、当然、歌は旨いし、ドレス姿もステキでした。おしゃべりやしぐさも、かわいらしい方でした。
最近、演歌のステージの、あの独特なセットや、生バンド演奏にも見慣れてきたのか、フツーに楽しめる自分にも驚き(笑)。 今回特に、申し訳ないけど、あまり期待していなかったので、お芝居も歌も、かなり楽しめました。
次は、秋の歌舞伎かなぁ~。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-24 10:51 | TRYいろいろ

徳島県鳴門地方のお赤飯

c0035843_1355773.jpg
先週末に、色彩学校のお友達のUさんが、徳島県からお泊りに来てくれたんです。そりゃぁ、楽しい一夜でございましたよ。その翌々日に会った時にも、楽しいお話で。是非とも、また我が家を、民宿代わりにお使いいただければ、と思っておりまするよ、Uさん。
さて、最近、某テレビ番組で、日本国内の県独特の習慣が紹介されているじゃないですか。 そこでも聞いたことがあるし、Uさんからも聞いていたんですが、徳島県鳴門地方では、お赤飯にお砂糖をかけて食べるらしい。 うっそーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!! ( ̄Д ̄;)  だってさぁ、お赤飯といえば、黒い胡麻との、ごま塩じゃないのさっ。おめでたい席には、お赤飯とごま塩。 
で、以前、宴会でUさんとその話になったので、では、ということで、有名老舗店『ことらや』のお赤飯持参で、Uさん、お泊りにやってきた訳です。ありがたや、ありがたや。
c0035843_13115173.jpg
んでまぁ、当然、番組の様に『大試食会』となる訳。お砂糖をじゃりじゃりとかけて。 そう、徳島や香川の方には、和三盆という有名な、それはそれは美味しいお砂糖があります。塩田もあるらしいんだけど、特に和三盆は有名だよね。 その和三盆を使っていて、少々じゃりじゃり感のあるお砂糖を、お赤飯に、ふんだんにかけて食する。

 んんんんんんんんんん。 α~ (ー.ー")

そうさねぇ~、これは、おはぎだね。もしくは、赤飯饅頭(これ、マイナーなのか?)。なんだか、未知なる体験でしたが、明らかに、食事ではなく、スイーツでございました。Uさんには、いえ、鳴門地方の方には申し訳ないが、赤飯は塩だな。 あと、小豆は塩味で煮てありました。この小豆が砂糖で煮てあったら、完全にスイーツか・・・。

という話をしだすと、Uさんとは、永遠に交わることのない平行線。線路の様に、続くよどこまでも♪な訳で。いやはや、でも、いい体験でした。 特筆すべきは、お赤飯自体は、ものすごく美味しかったということ。普段食べるお赤飯とは、明らかに違い、本当に美味しいお赤飯でした。さすが『ことらや』さんです。砂糖さえ、かけなければ・・・(* ̄m ̄) ププッ

彼女に、是非、赤飯饅頭を食べさせたい。次回、会うことがあれば、是非とも、赤飯饅頭を持って、出かけようと思います。

そして、翌日、塩昆布で食べた赤飯は、それはそれは、美味しく。ほっとできた味でした。ちなみに、Uさんは、「赤飯に塩なんて、邪道じゃーーーー! 絶対かけへんわっ。」と語っているので、まあ、これくらい書いてもいいでしょう(苦笑)。

Uさん、是非とも、また、お泊りに来てください。お赤飯持参の場合は、『ことらや』指定で。お砂糖は、私たちはいりません(笑)。

いやぁ~、おもしろいよね、こういう文化ってさ。 だって、Uさんはね、他の地域の結婚式に出た時に「あらっ?! ここの地方は、赤飯にお塩かけるんだ。めずらしー。」と思ったって。 ┐( ̄ー ̄)┌  でも、この三河地方にも、そういうのはたくさんあるんだろうけどね。はははははははは(瀧汗)。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-23 13:19 | TRYいろいろ
c0035843_203277.jpg
ヨシから「日食、肉眼でも見れるよ」とメールが入り、「えっ!!!! (」゜ロ゜)」」と文字通り、バイト先の部屋から飛び出し(絶対数センチ浮いたなっ)確認のために非常階段へ出た。でも、角度的に無理で、ボスとチィボスと一緒に、屋上へ。そしたら、皆さんいるでないの、それなら、誘ってよぉ~~~。
名古屋市では、部分日食だったんですが、曇っていたお陰で、肉眼でラクに見ることができましたね。分厚い雲が過ぎ、雲が薄い部分になると、写真みたいな太陽が出てきました。なんだかさぁ~~~、天体にロマンを感じるタイプではないんだけど、ちょっとカンドー ( p_q) 。 ボスも「父ちゃん(ヨシ)に、ありがとうって言っておいてくれよぉう」と喜んでおりました。まさか、見ることができると思っていなかったもの。
ヨシいはく、涼しくなってきたそうですね、太陽が隠れだして。日中少しの間でも、太陽が隠れたせいか、今夜は涼しい気がします。そして、我が家の玄関灯に、ムシがほとんど居ません。うっそーーーー。これも日食のせいなのかなぁ???
太陽が隠れて暗い日中、グレイな昼間、を体験してみたかったけど、今日の部分日食でも、十分楽しめました。 大昔、「龍が太陽を食べた」と言われていた日食。 アタシもちょっと天体ロマンに引き込まれそうです。
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-22 20:43 | 色いろいろ
c0035843_23465085.jpg
昨日、『ぬり絵塾』で、帰りが夕飯の支度には少々遅くなると予想されたので、昨日、我が家は『土用の丑』となりました。母ママゴンが、はま川の鰻の蒲焼を買ってきてくれてました。ごちでぇ~っす。
やっぱり、美味しいねぇ~。少し時間が経っていたにも関わらず、皮はぱりぱりしていて、身はやわらかい。炭の味もふんわりとしてくる。ほえーー。
 
 「あ、写真・・・。」

となって、撮った写真が、上の写真です(笑)。残り少ない蒲焼のタレと、サンショ。あぁあぁ。まあ、写真を撮り忘れるくらい、美味しかった、ということで。えへへ。ほんと、こげ茶色は、甘辛の色だね。ふふふ。

ところでさぁ~。東海地区の梅雨明けは、いつなんだろう? まだだよねぇ?
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-21 23:50 | 色いろいろ
c0035843_811099.jpg
今回は、コミュニケーションをテーマに、セッションにおける声掛けや読み解きの実習でした。 やっぱり、最終的に大事なのは、クライアントクライアント主導になるように、セッションを保つのが、インストラクタ(カウンセター)の役目の一つのようです。主役は、クライアント。 一度、ぬり絵から離れてみたり、他のぬり絵に展開してみたり、いろいろな方法はあるけれど、クライアントのペースに合わせることを忘れてはいけないのです。インストラクタの勝手な妄想だけで、セッションを運んではいけないのです。
なんて言うんだろ、色彩学校で、いろんな手法やいろいろな事例を学んできたけれど、基本はそこなのよね。初心忘れちゃだめですね。お隣の席の方と「そう言えば、初めの頃に聞いたよね」と言葉を交わしたのがとても印象的でした。そう、基本として、聞いていることを、ちゃんと身につけなくてはね。
分かっちゃぁ~いるんだけどさーーーーーーーーーー。ははは。

写真は、アタシのぬり絵。
”こばんの引越し”によるペット・ロスから、私は、本当にいろんな人からの温かさを実感しました。泣いていたり、笑っていたり、イライラしていたり、優しい気持ちや、悲しい気持ち、そんなどんな状態の私でも、周りにいる人々は、優しく温かく私に接してくれるということを実感したのです。そんな優しい気持ちに溢れた宇宙に浮かぶ、地球は、いろんな面を持つ私。アフリカ大陸が、横顔に見えちゃったのは、自分でも驚きのデザイン性(笑)。もう、こんな発想、二度とできないな(苦笑)。自分でも結構気に入っているのです、今日のぬり絵は。何かのロゴにでも使いたくなりそうよ。ははは。

8月には、フォーラムが東京であります。最近、交流あるメンバーは、ほぼみんな、参加予定。うらやましい気もするんだけど、アタシは不参加。自分へのインプットだけでなく、アウトプットをもう少しすべきなのでは?と思うから。交通費、宿泊費その他もろもろお金もかかる。主婦にはねぇ~。もちろん、得るものも多いんだろうけど、インプットばかりが大事じゃないと思うのよね。ということで、なにやら特典多しの今回のフォーラムも、不参加にしました。参加する方は、有意義にねぇ~ん。 アタシはちょいと、いろいろと探ってみようと思ってます♪
[PR]
by banbankoban2002 | 2009-07-20 22:47 | 「色彩学校」