あとりえキノコバ・カラー日記 banbankoba.exblog.jp

日々の生活で目にするモノの”色”や手作りしたこと、アートなこと、などなど。アトリエキノコバのゆるめのブログ。ぬり絵を使ったセラピーの参加者、随時募集中です。@愛知県豊田市


by banbankoban2002
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ぬり絵deセラピー(5月はこんな感じ)

c0035843_23155424.jpg
先週のことなんですが、5月のぬり絵deセラピー(20100510) を、モニターのMちゃんと、新たにモニターに加わったYちゃんとの3人で実施しました。ぬり絵で「お母さんを表現し、その横に、私を表現しましょう」という会です。 時間が少なかったので、ショートカットバージョンで。なので、シェアも深くできず、ちょっと物足りない感じになり、残念!!!

一目瞭然、3人とも、つないだ手から暖色系のオーラが出ています。みんな同じ意見で、手はつながれていて、暖かいパワーをもらっている、とのこと。母はパワーを分けてくれる存在です。

そして、地面がある。立つことができる大地がある。文字通り、”立っていられる”のは、そこに「お母さん」の支えがあるから?!

そして、全体的に暖色系。やはり、暖かいイメージ。感謝してもしきれない。

MちゃんもYちゃんも二児の母。だからこそ、自分自身の母親の存在のありがたさや、偉大さを実感しているみたい。そして、自分の子供たちは、「お母さん」をどう表現するか、とても気になるみたい。そりゃそうだ(笑)。

改めて、「お母さん」を表現すると、意外な記憶がよみがえったりします。Mちゃん(上)のお母さんがそう。「お母さん」と言えば、夏に着ていたワンピースが思い浮かぶんだとか。実際、こんな色のワンピースではなく、これはあくまでイメージ画。もっと深くシェアができたら、そこに隠されたMちゃんのお母さんへの思いが何かあるのかもしれないです。

大人になってから表現する「お母さん」は、子供のころを思い出すようで楽しく、そして、シェアすると、とてもとても深いものでした。みなさんも是非、「お母さん」を表現してみてください。







c0035843_2331174.jpg
で、終わったらランチを。今回は我が家での実施だったので、朝からイングリッシュ・マフィンを焼きました。それぞれの、子供っちが帰ってくる時間までには、帰らなければならず、かなり凝縮された時間。ぶわーーーっとセラピーして、ぶわーーーーっとしゃべって、ぶわーーーっと食べて(笑)。なんて、密度の濃い2時間30分だったことでしょうっ!!! でも、子供っちの帰宅時間に間に合うことも、ママにとっては、セラピー効果大。そこまでが大事(笑)。 また、ゆっくり時間が取れるようになったら、そんなセラピーをすればいいんだよね。

6月は、ちょっと、ゆっくりできそうなセラピーを企画しています。
[PR]
by banbankoban2002 | 2010-05-18 23:39 | 色彩アートセラピー