あとりえキノコバ・カラー日記 banbankoba.exblog.jp

日々の生活で目にするモノの”色”や手作りしたこと、アートなこと、などなど。アトリエキノコバのゆるめのブログ。ぬり絵を使ったセラピーの参加者、随時募集中です。@愛知県豊田市


by banbankoban2002
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「色彩学校」チャイルドアート・カウンセラーコース受講

c0035843_11242589.jpg
ご無沙汰しております。
久々のアップなのに、なんだかぼんやりした写真でガッカリー。

この週末、「色彩学校」チャイルドアート・カウンセラーコースを受講してきました。写真はその修了証書(中級)です。

そもそも、「色彩学校」は、末永蒼生先生の「子どものアトリエ」から出発しています。人間にはそもそも、そう、例えば自己治癒能力みたいに、自然と成長できる、そんな成長プログラムのようなものが備わっています。でも、シツケや教育などにより、その子なりのペースや、その子なりのステップが自由に伸びない、自由に進んで行かなくなる傾向にあるようで・・・。そして、そんな子どもが成長し、大人になっていく。

そこで、絵や工作などを通して、子どもの心を解放し、その子なりの成長を遂げるお手伝いをするのが、「子どものアトリエ」活動。その、自由な創作活動の場を提供するのが、カウンセラー。

驚いちゃうかもよ。アトリエでは、ありとあらゆる画材が用意され、大体1時間30分、何をしてもOK。なんにもしなくてもOK。自由に創作し、自由に楽しむ。お片付けも強要されない。出しっぱなしOK。カウンセラー(インストラクターっぽいかな)は、何も教えないし、見守るだけ。子ども達が危ない目にあいそうになったら、守る。お友達の作品を汚そうとしたら、止める。そんな場所がアトリエ。もちろん、そうすることには大きな意味があり、裏付けがある。決して、ほったらかし、ではない。

親御さんは、お迎えに来たときに、我が子の作品を見る。もちろん、作品がないこともある(笑)。そして、カウンセラーが読み解いたモノを、親御さんと共有する。子どもからのメッセージを、親御さんに伝える。それが、カウンセラーの役目。

講座では、ロールプレイングもふんだんにあり、事例紹介もたくさんあって、実務的。受講するだけで、なんだかワクワクしてきちゃったよ。アトリエ、楽しそうっ!!!!!!!!! アトリエ実習が楽しみだなぁ~♪ また、あの場所に行けるんだって思うだけで、ワクワクしてくる。

アトリエを開かなくても、ぬり絵のワークショップや、カウンセリングなどへと、私の引き出しは増えたと思えるかな。全ての大人は、みんな、子ども時代があったのだから。その人の「今」は、「子ども」の頃に影響されているのだから。

私たちは10期。24名。うち、同期の名古屋校1期は3人。他、名古屋校は7人。半数近くが名古屋って!! 同じグループには、千葉や福岡の方も。ブログを宣伝しちゃった(笑)。見てくれてるかなぁ~♪ 

そんな感じで、ちょいとステップアップできた感のkinoko。空の上で見守る、アタシの専属猫カウンセラー”コバン”に、ちょっと近づけたかな(笑)。
[PR]
by banbankoban2002 | 2010-02-10 11:52 | 「色彩学校」